Rice Girl
Rice Girl
Rice Girl | Organic Japanese Rice Advocate

RICE GIRL

kikimusubi.jpg

KIKI MUSUBI

自然栽培米のお届けサービス。季節の玄米ブレンドをご自宅にお届けします。

ricegirl.jpg

with rice girl

いつでもどこでもライスパーティー、季節を祝うディナーや英語対応の朝食ワークショップ。

plantbasedtokyo.jpg

PLANT-BASED TOKYO

東京のベジな人の物語を通じてお店と料理をご紹介します。

themomoco.png

THE MOMO CO.

日本と世界を結ぶコンサルティングサービス。海外進出、ブランディング戦略など。

 

PROFILE

「RICE GIRL」こと 中村 桃子。

美味しいお米の保護論者。

お米を作ることの継承と食べることの普及に勤めている。

日本ならではの一番美味しいご飯が食べたい。次の世代も次の次の世代も味わってほしい。

古き良きお米の栽培方法は文化遺産であり、自然遺産でもあると強く思う。農薬、肥料、除草剤を使わずに育てたお米を食べることにより、環境も文化も大事にすることができる。

アメリカ生まれ、アメリカ育ちのRICE GIRL。2015年にロサンゼルスから東京へ拠点を移す。

以前、「料理の鉄人」のアメリカ版からはじめ、主にニューヨークとロンドンにて料理番組のプロデューサーとして努める。現在、国内外で自然米を語り、お米のお届けサービスKIKI MUSUBIGOHAN WITH RICE GIRLなどを通じてより多くのかたに日本の伝統農法を伝えている。なお、THE MOMO CO.コンサルティングサービスは日本と世界を結ぶ企業や個人事業をサポート。

自然の摂理やおばあちゃんの知恵袋に基づく日本の食文化とお米をこよなく愛する。長年海外で暮らしていたからこそ、この食文化の論理と魅力を感じている。何より、瑞穂の国だからお米にこだわりたい。北から南へと日本全国の米どころを周り、自然栽培のお米農家さんのお話を伺い、数多いお米の品種と作り手さんをご紹介している

2019年に著書「PLANT-BASED TOKYO」を出版。

momoko_nakamura.png
 

NEWS

ricegirl.jpg

J-WAVE

ナビゲーター:クリス智子 様

ricegirl.jpg

渋にぃ × The CAMPus

ゲスト:中村 桃子

bonapp.jpg

THE WOMAN WHO'S OBSESSED WITH GETTING PEOPLE TO EAT BETTER RICE

ricegirl

EPISODE 1: THE RICE SOMMELIER

ricegirl.png

THE ABSOLUTE BEST WAY TO COOK BROWN RICE, ACCORDING TO AN EXPERT

A TUTORIAL FROM MOMOKO NAKAMURA, AKA RICE GIRL

ricegirl.png

二十四節気を楽しむ厳選された日本のお米をKIKI MUSUBIがお届けします

 

ABOUT RICE

 
handselectedrice.jpg

KIKI MUSUBIは北から南へと、全国の米どころをまわり、品種と作り手をご紹介。

seasonalrice.png

KIKI MUSUBIは暦の二十四節気に合わせてお米の食感や味わいをセレクト。

【春】 しっとり x あっさり

【夏】 あっさり x しっかり

【秋】 しっかり x もっちり

【冬】 もっちり x しっとり

shizensaibai.jpg

KIKI MUSUBIのお米は全て自然栽培で育てられている。

howtocookbrownrice.png

➀ 先ずは、お好きな量の玄米に美味しいお水をたっぷり注ぎ、時計回しに混ぜながら、玄米に傷をつけないよう優しく 洗う。
② お水を流し、後2回繰り返す。
③ 玄米を土鍋に移し、玄米の2倍の量の美味しいお水を注ぐ。
④ 【春:中火】10分くらいかけて中火で優しく沸騰させる。
⑤ 【夏:強火】1分くらい強火にして、ミネラルたっぷりのお塩をひとつまみ時計回しんに加え、玄米を激しく踊らせる。
⑥ 【秋:弱火】弱火にして、初めてお鍋の蓋をする。
⑦ 【冬:消す】30〜40分後に火をけし、お鍋をコンロから外して10分ほど蒸す。
⑧ 蓋を外し、炊き上がった玄米を四当分に分けて天地返し。
⑨ 直ぐにおひつに移す。

 
 
 

DIARY